弁護士と司法書士

債務整理 弁護士

 

債務整理を相談することができる専門家には、弁護士と司法書士がいます。

 

どちらでもいいかしら?というと、扱える内容がちょっと違います。
大きな違いは、弁護士には法律業務範囲に制限がないということです。

 

司法書士は、登記と供託しかできません。しかし、法務省で一定の研修を受けて試験を受けると認定司法書士になることができます。
認定司法書士になると、140万円以下の簡易訴訟の代理・関係業務を扱うことができるようになります。

 

どうしてこんなことになったかというと、弁護士の数が少なかったためにその仕事を補うためにできた制度です。
これにより司法書士にも一定の債務整理の手続きや140万円以下の民事訴訟の和解交渉や訴訟の代理権などが認められたのです。

 

借金のことで相談したい人にはどちらに依頼すればいいのかわかりにくいですね。
あなたの借金が140万円以上あるなら弁護士に相談しましょう。
もし借金総額が140万円より少ないならどちらに相談することもできますが、依頼した場合にかかる費用で決めても良いでしょう。

 

一般的に司法書士の方が弁護士より費用が安いと言われていますが、実際に依頼した場合の見積もりを出してもらって判断すると良いですね。