借金の理由と債務整理

債務整理 借金の理由

 

借金ができる理由はたくさんありますね。

 

ボーナスが無くなった、会社が倒産した、仕事を辞めた、病気で働けなくなったなど収入が減ってしまったケース。
家を買った、車を買った、買い物をしすぎた、ギャンブルで負けたなど、支出が増えたケース。
ほかにも株で大損した、詐欺にだまされたなど、とにかくいろいろな理由で借金を負うことがあります。

 

どんな理由でも、債務整理をすることは出来るのでしょうか?
債務整理の中でも自己破産については、株やギャンブルで出来た借金は免責されません。

 

しかし、任意整理は金融業者との話し合いで決まるもので、減額こそされるものの返済は続くため借金の理由は問われません。
やってみる価値はあります。
しかしあくまでも任意の話し合いなので、金融業者が減額に応じないケースもあります。
その時はどうしようもありません。

 

個人再生も任意整理と同じく借金の理由については問われませんので、ギャンブルでできた借金でも適用できます。
しかし、個人再生は借金が5分の1〜10分の1になるという大幅な減額が認められる分、裁判所に書類を提出しなければならず手続きが面倒です。
さらに、毎月きちんとした収入がなければ適用できません。

 

債務整理は借金に苦しむ人を救済するシステムですが、適用できるか免責されるかなどは人それぞれなのでやってみなければわからないのです。

 

2016/05/19 21:01:19 | 借金の理由と債務整理
借金が返済できないと感じたら、弁護士に相談しましょう。弁護士はあなたに合った債務整理の方法を教えてくれます。債務整理って借金を減らしたり、免除してくれたりするものですよね。良いことばっかりのような気もしますが、デメリットも知っておきたいと思いませんか?債務整理のメリットとデメリット、両方知ってからどうするかしっかりお考えくださね債務整理のメリット・弁護士に相談するとすぐに督促がストップする・借金が減額または免除される・生活の立て直しができる債務整理のデメリット・ブラックリストに情報が掲載される。・5〜10年間は新たな借り入れやローンができない。・資格制限がある場合がある。・裁判所を通す場合は手...